ブログトップ

うさぎのつの

足が足りません。

1際2ヶ月になった息子はまだほとんど歩けないのですが、保育園で
「靴を買ってあげてください」
と言われ、初めての靴なのでデパートできちんと計測してもらうことに。

しかしうちの息子は最初の「まるまるデーン」からは信じられないことに
月齢平均よりかなり小さめ、母子手帳の成長曲線なんてどこ吹く風。
当然足も小さく、測ってもらうと11センチ以下。
店員さんも
「メーカーで作られる靴はだいたい11.5センチからでして・・・。」
困惑顔。売り場では唯一Mキハウスのファーストシューズが10.5センチから
あり、色は白のみ。他に選択肢がないし、それを購入。

ファーストシューズだから一般的なスニーカーより靴底が薄いんだけど、
今はまだ歩けてないし、きちんと歩けるようになる頃には足ももう少し大きく
なってるだろうから、その時にまた買いなおすということで。

娘が初めて靴を買ったのも同じ月齢の頃だったけど、足が12センチ弱で
(購入記録のカードに計測記録が残されていた)
靴選びでそんなに困った記憶はない。普通に選べたはず。

「ファーストシューズなんて、ちょっとした記念みたいなものやん。
 実用性ないし贅沢品やん。」
って実はちょっと小馬鹿にしてた節があるのですが、いやはや、自分の息子が
お世話になることになろうとは。

親の苦労を知ってか知らずか、履かせてもあまり嫌がらずにいたので
そのまま履いて帰ってきました。
改めて見ると、ちっちゃくてかわいい。「ザ・赤ちゃんの靴」って感じ。
[PR]
by emi--channel | 2012-10-14 23:10 | お買い物