ブログトップ

うさぎのつの

カテゴリ:うさぎ母( 32 )

胸が痛い。

あの人を思うと心が疼く…


なんてかわいいもんじゃありません。
物理的に、痛い。

8カ月の息子に授乳する際、乳首を噛まれ、出血。

生後すぐにも噛まれたことがあったけど、あの時は歯茎。
今回は下の歯が生えているので、マトモに歯で噛まれたよう。
娘には噛まれなかったんだけどねぇ。なんでだ。

出血はおさまったので、母乳が使えない事はないけど、痛みがなくなるまでは搾乳で。
出血したのは右だけなので、左は今まで通り直母で大丈夫。

そこそこの量は出るんだけど、娘の時よりかは出が悪い気がします。
保育園でミルクを飲んでいることもあり、哺乳瓶をさほど嫌がらないのがありがたい。

ちなみに先週から保育園に通っている息子は、今の所病気をまだもらってない様子。
呼び出されるのはいつだ。今月はまだ育休で家にいるので、今のうちにもらってくれぇ。
(わがままな母の願い)
「ミルクを飲んで満たされた後の笑顔が最高にかわいいですよ」と言われる。
そこらへんのおもちゃで遊んだり、絵本読んでもらったりも喜んでいるらしい。
預ける時も引き取る時も殆ど泣くことなく。
なんかえらい娘の時と違うなぁ。
娘は9カ月で入園したので、1か月分の月齢差?それともただの個人差?


しかしズキズキと地味に胸が痛い。
しょんぼり。
[PR]
by emi--channel | 2012-04-09 09:23 | うさぎ母

いよいよ終盤。

息子は来週から保育園に入ります。
娘や従姉妹からのお下がり服を洗濯しまくり、名前書きまくり。
1日に3セット着替えるとしても、1週間は同じ服着なくてよさそうな勢い。
ってか多すぎて、もしなくなっても気づかないかもしれん。
むこう1年くらい衣類買わなくてよさそうだけど、
入園式くらいは新品のを着せてあげるか。
式といっても本人はアーアー唸ってる、もしくは泣いているだけだろうが。

一応久しぶりに哺乳瓶を出してミルクを飲ませる(園ではミルクにするので)練習も。
娘の時よりはましだけど、やっぱりあんまり飲まない。飲ませてるのが母である私だしな。
まぁ保育士はプロだ。どうにかなるだろう。

離乳食は現在、昼と夜の2回。
炭水化物→米(5倍粥)
たんぱく質→白身魚(しらす、鯛、鱈)、赤身魚(ツナ、鮭)、鶏(ミンチ、ササミ)、チーズ
果物→バナナ、いちご、りんご、文旦
野菜→にんじん、玉ねぎ、小松菜、蕪(葉および根)
    ほうれん草、キャベツ、白菜、大根(葉および根)、トマト、かぼちゃ、きゅうり、春菊

たぶんこんな感じ。
どうも面倒で味噌汁の具+おかゆという献立ばっかりになってしまう。
そして昼は調理が楽なヨーグルト&バナナの出番の多い事多い事。
[PR]
by emi--channel | 2012-03-29 12:56 | うさぎ母

まさかの密会。

息子の保育園入園に向けて衣類に名前書いたり、持ち物を買い足したり。
昨日は思いつきでお昼寝布団を買いに。

あ、そういえばもちくま嬢が近所に住んでるハズ。
今から行くけど、よかったらどうよとメール。
お昼寝や用事もあるだろうから、あくまで『都合が合えば』と。

私が到着する直前にそこを後にしていた彼女だったけど、
なんと再び来てくれることに。
お互い赤ちゃん連れだから、どっちかがぐずったら即終了になっちゃうから、
比較的空いていたフードコートで、とりあえず何も食べずに喋りだす。

まぁお互い出てくる出てくる。
保育園に預ける話から、旦那の悪口(もとい悲しい事実)が山のごとく。

気がつくと1時間半くらい喋りっぱなし。
もちくま娘ちゃんはとてもよく寝てた(赤ちゃんらしくてかわいいんだ、これがまた)し、
うちの息子(相変わらず丸々デーン)は何度か目を開けたり、また眠ったり。
2人ともどんな親孝行。
こんなにおりこうだとわかってたらちゃんと何か食べたのに。

そして最終的に来月天王寺でごはんを食べようと。
いくえ嬢も誘うわよ。
子供は旦那に託すのだ。
名付けてMBPだ。
マーチ(3月)にBという店で集まるプロジェクトだ。
[PR]
by emi--channel | 2012-02-29 11:44 | うさぎ母

ぼくはメッセンジャー。

いくえ嬢とこっそりランチをしてきました。
(もちくま嬢>次回(いつだよ)はぜひご一緒に。)

某主人の悪口もとい事実やら、家購入の話やらたまっていたものをバシバシと。
私確実に病んでるわ…。だからこんなに胃がキリキリ痛いんだわ。

そして、いくえ嬢の息子くんの服の話題に。
「服に25って書いてあるねん。新井さんやん。○○神といわれる新井さん。」
「ははは。ほんまや。あの人きてから阪神優勝してないっけ?」
「確か5年くらい優勝してないから…?」
新井さん、言われてますよ。

帰宅して自分の息子を見てみる。
孫守りしていてくれた母がちょうどお粥を食べさせてくれている所で、
ぷりぷりのおしりと背中がちょうど目に入った。
(あ、画像は今朝洗濯後干してる所。)

d0052482_9213154.jpg

スタンリッジは55番だよね?あれ?逆?(調べたらいいのに敢えてやらない私。)

ちなみにこの服は私の従姉妹からお下がりでもらったもの。
自分では買わないデザインだけど、着せてみると思いのほか似合っててかわいい。
こういう新たな発見があるのがお下がりやプレゼントのよさだ。何の力説だ。
[PR]
by emi--channel | 2012-02-23 09:21 | うさぎ母

d0052482_1142872.jpg


息子が5カ月半になり、「まぁぼちぼちかな」と思い、
やってみました。
おかゆクッカーも、小さいスプーンやプラスチック茶碗も久しぶり。
茶碗以外は娘のお下がりでごめんよ。茶碗はさすがに絵が剥げてたので新しいのを購入。

「はい、あー。」
口を少し開けさせ、舌の上にちょっとおかゆを乗せてみる。
「…なんやねん、これ。」(推測)
変な顔をしながらも一応口を動かす息子。
これを何度か繰り返し、一応小さじ1杯分を食べきる。
途中で手を口に入れたりしておかゆが出てきたりもしたので、正味だとその7割くらいか。

娘の時ほど「食べてるねぇ。」って感じがイマイチしないのが残念。
男子の小食はつまらんぞ。

その後はキャーキャーと奇声を発し(マイブームらしいが本当にうるさい)、
おしりをぷりぷりさせて寝ぐずり、今はぐうすかお昼寝中。

しばらくは調理がめんどくさいなぁ。
[PR]
by emi--channel | 2012-01-16 11:04 | うさぎ母

かぜひいてまんねん。

ロザン宇治原さんの「改源」が意外になぜかはまってしもた。
(↑ってこれわかる人いるやろか?)

妊娠授乳中はどうも抵抗力が弱まるんでしょうか。
しょっちゅう風邪ひいたり熱出したりしているような。
でもそこは「母は強し」で、ちょっとしんどいくらいでは寝てられへん。
息子の保育所入所&娘継続に向けて源泉徴収を出しに行ったり、
育休中もそないに暇じゃない。
(働いている時よりはだいぶ暇やけど…)

娘はクリスマスで3歳になり、日本脳炎予防接種が解禁になったので
(うちの市は3歳からなので)、早速行ってきました。
子供なんでその瞬間は泣くけど、終わったらケロッとしてました。
お土産の風船ももらってニコニコしてるし。どんなけゲンキンな。

保育園は明日まで、某主人は本当は金曜日が仕事納めだけど、たぶん金曜日は
有給を取るだろうから(取引先が仕事納めになってると仕事にならないから)、
彼はおそらく明後日まで。
人が増えると片付かないし、ごはんめんどくさいなぁ。
[PR]
by emi--channel | 2011-12-27 09:51 | うさぎ母

タイトル通り、息子の4か月検診に行ってきました。
身長62.9センチ、体重6900グラム。
1か月検診の頃は「まるまるデーン」で他の子より一回り大きくて恥ずかしかったけど、
気がつくと普通の子並み、むしろ成長曲線で言えば真ん中よりちょっと下くらい。
でも娘はもっとちっちゃかったんで、これでも充分でかく感じてしまいます・・・。

問診でいろいろ聞かれても
「上の子も首据わるの遅かったし。」(縦抱きだとまだちょっとグラつく)
「上の子の赤ちゃん返りに気を取られてしまうんで、2番目だとどうしても放置気味で。」
ってかなり適当なんですけど、そこらへんはまぁまぁ同意してもらえたものの、
「主人は…なんかまだあんまし息子に興味ないみたいです。」
と密告、もとい、超正直に言うとちょっとギョッとされてしまい、
「まぁ上の子の時もそうだったんで、喋ったりするようになったらマシになるかと。」
って一応フォローしといたけど、我が家に万一の事があった時に
「母親はこんな事を言ってた。予兆はあった。」
という証拠を残しておきたかったのが正直なところ。

予防接種も娘の時に比べて増えてるような気がします。気のせいか?
保育園に入るまで…というか、私の復職までにどこまで進められるやろか?
[PR]
by emi--channel | 2011-12-21 15:39 | うさぎ母

最近は普通の地味な生活です。
働いている時は夜に洗濯→乾燥機大活躍でしたが、現在は朝に洗濯→外に干す
健康的な感じ(?)の生活。でも冬場って乾き悪いよねぇ。しかもうち東向きやし。

娘はもうすぐ3歳。
もう悪さ満開です。顔(特に寝顔)と魚好きな所は某主人そっくり。
毎日おしりプリプリ振って歌って踊ってます。こういうところはかわいいんだけどなぁ。

息子は4か月。
産前産後いろいろあったけど、とりあえず現在は健康に過ごしてます。
生後4週間頃から娘の保育園送迎に連れ出されているので、
2か月くらいの時に一度熱出したけど、一晩で下がったのでまぁ大丈夫かと。
そりゃあんだけ子供うじゃうじゃいて、しかも触られまくってるしな。
首が据わるまではベビーカー、現在(まだ多少ぐらつくけど)は前抱っこです。
腰が据わったら自転車の前座席に移動予定。あ、ちゃんと3人乗り適合の自転車使用です。

2人目ということもあり、結構放置&適当にされてます。
お姉ちゃんがトイレ行く時は即対応しないと漏らしてしまう(平日中は普通の下着)し、
一人でいることをすごく恐がるようになってしまったんで、娘優先になっちゃってごめんよ。
まるまるデーンと育っているので、半年より少し早めに離乳食始めようかのぅ。

「出産すると厄落としの効果がある」
「妊娠出産時はくじに当たりやすい」
などなどの迷信につられて、年末ジャンボ宝くじに今年も参加。
当たるかな?
[PR]
by emi--channel | 2011-12-06 10:22 | うさぎ母

そんなわけで無事に出産しました。
今回は本当に楽で体力も残ってたし、興奮も手伝い、まだ喋りっぱなし。
「本当に1時間かからなかったですねー。」
「でしょう?切迫の人はお産進むの早いからね。カンガルーケアしますね。」
長男が胸の上に乗せられる。前回と同じく、温かくてちょっと重い。そのまま初乳も吸わせてもらう。
「じゃあこのまま2時間ほどここで休憩してもらいますね。ご家族の方にも入ってもらいますね。」
母が荷物を持ち込んで来てくれていたらしい。

「いやー早かったねぇ。連絡ないからそのまま入院してかなとは思ってんけど。」
「そのまま分娩台上げられてしもて連絡でけへんかってん。」
「そうやったん。荷物だけ持ってきてまた帰ろうと思ってたら助産師さんに呼び止められて。」
と母とも喋りっぱなし。

9時30分頃、出産したベッドをおりて部屋移動。
体力充分なので、自力で普通に歩く。
部屋があいてないということで、今までいたのより少し狭いLDRに。
「診察してもらったら帰宅して朝ごはんの続きを食べるつもりだった。」
と言ったら、助産師さんが厨房に問い合わせてくれて、遅めの朝食を頂ける事に。 
もちろん完食。再び休憩となるが、目が冴えて眠れないので、某主人やいくえ嬢に出産報告メール。

昼食を終えた13時前、退院者が出て部屋があいたということで、再び部屋移動。
前回は1階の「もぐら部屋」だったが、今回は2階で陽の光もちゃんと当たる相部屋。
相部屋と言ってもトイレと洗面が共有なだけで、その他は個室と同じ。

14時頃、坊や到着。
おむつ替えは娘のを今でもしているけど(夜間はまだおむつなので)、
授乳は久しぶりの感触。小さいのぅ。かわいいのぅ。
でもやっぱりなかなか母乳が出ず、ここから苦悩の生活が。
授乳して、ちょっと眠って、すぐにまた起こされて、また授乳して。
新生児ってこうなんだよなぁ。しんどいのぅ。

入院4日目。相部屋から個室に移動させてもらい、退院前の足マッサージも受け、
おやつも頂き(切迫早産入院中はなかったけど、産後の人は3日に1回おやつが出る)、
あと1日で退院かと感慨にふけっていた所…。

坊やの吸い方(吸わせ方?)がよくなかったらしく、乳首と乳輪の境目が裂けてしまい、出血。
出血に気付かずに授乳してしまった為、坊やが吐血。
枕元とベビー服が真っ赤に。
「なんじゃこりゃー!!」
慌ててナースコールを鳴らし、調べてもらった結果、吐いたのは私の血液と判明。
胃の中を洗浄してもらい、とりあえず落ち着く。

しかし裂けた所が治るまでは母乳をあげられないということで、
止血するまではミルク、傷が治るまでは搾乳したものを哺乳瓶で与えるように。
娘の時はこんなトラブルはなかったので、退院直後、哺乳瓶を買いに行く羽目に。

退院日。
チェックアウトは13時だったけど、次を待っている人がいるからと12時に部屋を明け渡し、
荷物を持って食堂で過ごすことに。
一緒に食堂でごはんを食べていた人や、病院の人(もここで昼食をとっている)たちと
「えみちゃんねるさん、出産前から長いこと入院してはったもんねぇ。」
といろいろ話す。一番お世話になったリーダーの看護師さんと会えなかったのが唯一の心残り。


こんな感じで、今回もごはんは堪能しつつ、バタバタとした入院生活でした。
[PR]
by emi--channel | 2011-08-10 16:23 | うさぎ母

長男誕生(出産編)。

いろいろありすぎたんですが。

妊娠23週で切迫早産診断、有給39日(昨年度までの余りと今年度支給分)を全て使い、
それでも9日は欠勤扱い。
自宅安静指示されたものの、某主人の都合もあってほとんど「ちょっと怠けてる専業主婦」くらい
動かざるを得ず、その結果、30週の妊婦健診で強制入院。
家に荷物を取りに帰ることすら許されず、その場で入院着を着せられ、点滴と尿管を装着。

切迫早産の原因は「とにかくお腹が張りやすい体質」のせい。
横になっていても張る。痛みも出血もないのに、自分でトイレに立つことはもちろん、
食事も歯磨きもすべてベッドの上。点滴をできるだけ外さないため、シャワーは週に1度だけ。
私も胎児もこんなに元気なのに…と弱っているところに2件ほど呑気な出産報告を受け、
打ちのめされて腐ってしまう。
33週の健診で尿管だけ外されるが、点滴の注入量は増やされ、そのまま36週まで入院。
そして臨月。
「点滴を外した途端、破水したり陣痛が来る人が多い。」と言われる切迫早産患者だけど、
稀に「予定日まで持ちこたえてしまう」ケースもあり、私は前回同様、今回も後者。
1か月半ぶりに外に出ると暑い暑い。そんなに歩けない。

予定日の2日前の妊婦健診で
「胎児は下がってるけど、子宮口がほとんど開いてないから出産までまだまだかかるね。
胎児も充分育ってて、このまま予定日超えると分娩がきつくなるので、来週までに陣痛が
こなければ、産道などの検査をしましょう。」
と言われた翌朝未明、澱物にしては水っぽい…破水?にしては少量すぎる?妙な感覚が。
朝6時頃から15分とか13分とか多少ばらつきはあるものの、軽い陣痛。
「えええーまだ陣痛こないんちゃうかったん?」
と驚き、とりあえず病院に電話。
陣痛の時以外は全然なんともなく、病院は近所だし歩いて行けそうなくらいだったけど、
万一のことを考え、父に送ってもらう。

「一応陣痛っぽいものもあるけど、間隔がバラバラだし、痛くないし、明け方に破水かどうか
わからない何かがちょっと出たけど、それも1回だけで。」
と症状を伝え、破水してないかどうかを診てもらう為にベッドに上げられる。

「破水かどうか反応(調べるキットでの)が微妙やねぇ。
でももう子宮口4センチくらい開いてるわ。あと1時間くらいで産まれますよ!」
と助産師さんが大慌て。着ていた服を脱がされ、入院着を着せられ、看護士さんも加わって
モニターもつけられ、診察されたベッドがLDRだったのでそのまま足カバーやらもつけられる。
余りの大慌てぶりに「家族に連絡したい」「お茶を飲みたい」などとはとても言い出せない雰囲気。
私は興奮していることも手伝い
「いやー、こんなになってるとは思わなかったですー。破水してるかどうかだけ調べてもらったら
いいかと思って、一度帰宅させられるかもしれへんと思って、大きい荷物置いて来ちゃったし。」
「いやいや何ゆうてるの。あと少し連絡が遅かったらお家で産み落としてる所でしたよ。」
「えええーそんなに?だって全然痛くなかったんですよ。
前回はお産が一気に進んじゃってLDRにも来られずに手術室で出産やったんですよ。
だから足カバーなんかもつけてもらうの間に合わなくて。」
「今回も早いですよー。ほらもう言うてる間にお産が進んでるからね、陣痛の間隔短くなって。」
「あ、確かにもう5分間隔ですね。あ、今きてます。いててて。」
「もうすぐやからね。もう1時間かからへんよ。」
「じゃあ8時には産まれるんですね。やったぁ。」
って助産師さんと会話しっぱなし。そのおかげもあり、本当につらさを感じなかった。
前回も楽なほうだと思ってたけど、今回はそれよりさらに楽。

7時35分、破水。
「35分に破水ね。あ、明け方に高部破水か。ほんなら3時破水で。
もう産まれるからいきんで。」
「え?もう?いきんでいいんですか?」
「はい、深呼吸してーおへそ見てー。そうそうそう。」
いきむこと数回。陣痛の痛みも確かにあるんだけど、いきんでもなかなか出てこないことで
ちょっと焦ってしまう。しばらくして当直医師登場。
「もう産道は通ってるからねー、出口がちょっと狭いのよね。小柄な方でしょう?」
「150センチです。」
「あー、やっぱりね。小柄な方はどうしても狭い人が多いんよ。」
と会話しつつ、表面?だけ少し切られたような感じ。

そしてさらにいきむこと数回、7時59分、出産。
身長48センチ、体重3060グラム、出血はわずか80CCで「少量」。
分娩所要時間2時間3分の超安産でした。

(入院生活編へつづく。)
[PR]
by emi--channel | 2011-08-08 11:07 | うさぎ母