<   2008年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ついに産みました(入院生活編)。

そんなわけで無事出産を終え、よくわからない個室(病室だけど、
出産直後の人が使う部屋ではない)に入れられる。

翌日午前3時頃、助産師さんに付き添ってもらってトイレに行こうとするが
立ち上がった瞬間、がくんと倒れてしまう。
後で聞いたところによると、25日朝から出血が続いていた(破水に混じって
いた)こと、および、分娩が一気に進んでしまい大量出血してしまった
ことにより、脳貧血を起こしていたらしい。
自覚症状よりもずっと酷かったらしく、入院中の注射はもちろん、
退院してからも鉄錠剤を1ヶ月間飲まなければならない。
母子手帳を見て「出血 大量」と書かれていてびびる。

2日目の朝・昼食はまだ完全回復していないこともあり、ご飯を半分ほど
残してしまう。
2日目の昼に、娘が病室にやってきて、母子同室の生活が始まる。

最初は母乳があまり出ないし
(それでも「初産なら出るだけいい方。退院まで殆ど出ない人もいる」とか。)
おまけに私の遺伝子をしっかり受け継いでしまったようで
栄養分が足りないらしく、2日目3日目はブドウ糖を足してもらう。
4日目からは分泌量も増え、母乳のみで生活。

入院中は実家母に通ってもらい、洗濯物交換などをしてもらう。近いって便利。
3日めには義理の両親や姉一家、4日目にはなぜかI上家族まで見舞いに
きてくれた。この人らに自分のすっぴん顔を公開することになろうとは。

食事は3日目以降は全て頂くが、夜中にお腹が鳴る。
妊娠中の2倍くらいの量なのに。
いや、母乳育児って本当にお腹すくわ。そりゃ痩せるわ。
(ちなみに現在出産6日目で、産後5キロ減。妊娠前まであと4.5キロ。)

ちなみに最初に入れられた「よくわからない個室」には4日目の昼まで滞在。
食堂で一緒になった人と話をして「もぐら部屋」と呼ばれることを知る。
窓が北側の駐車場に面しているから天気がわからないんだ。
そして1階の奥のほうにあり、手前には小児科の患者さんの外来待合が
あるし、とにかく「隔離されている」からなぁ。
普通の病室より少し安くしてもらえたものの、これなら通常料金を払ってでも
普通の病室に行きたい…と訴え続けていたら、4日目の日に退院の人が
いて部屋があき、やっと入れてもらえた。
やっぱ病室は明るい方がいい。ベッドもテンピュールだし、全然違う。
そして移動が楽。診察や沐浴の度に1階からだと娘を抱いて持って行かないと
ならなかったけど、2階の病室からならベビーベッドごとガラガラ動かせる。
ナースステーションも2階だから、呼んだらすぐに来てくれるし。

しかしこんな思いをしていたのは私だけではなかった。
私が最終日に使用した部屋は、食堂で一緒になった1人に待たれていた。
みんなこうやって順番待ちをしていたんだ。
ってゆうかみんなどこから湧いてくるんだ。

最初は夜中に鳴かれまくり、全然眠れなくてしんどくて途方にくれたけど、
だんだん慣れて2時間くらいまとめて寝てくれるようになったし、
食堂でご飯を食べている間はナースステーションで預かってもらえるから
これ幸いと他のお母さんとたくさん喋って(みんな考えは同じでよく粘ってた)。
妊娠中から入院していた人(この人も「もぐら部屋」を使ったとか)、
産んだ直後から子供と同室させられた人。

昨日退院してきましたが、29年生きてきて初めての入院生活は
こんな感じで結構楽しかったです。


では皆様、来年もよろしくお願いします。
よいお年を。
[PR]
by emi--channel | 2008-12-31 20:54 | うさぎ母

ついに産みました(出産編)。

予定日を4日経過し、
「これは…年内に産めるのか?」
という不安がよぎりだしていました。

以下、一部生々しい表現を一部含んだドキュメントですので、
そういうのに弱い方は読むのをお控え下さいませ。

25日未明。
先週と同じような、でもちょっと違う気持ち悪い感覚がありトイレに行くと
若干の出血。慌てて病院に電話。
「陣痛か破水があるまで、少し様子を見て下さいねー。」
と言われ、一度電話を切る。

暫くしても、若干の出血が続くので気になって再び病院に電話。
「一度診てみましょう。」
と言われ、母を起こして病院に連れて行ってもらう。
結果、破水におしるしが混ざっているとのこと。
少量とはいえ、破水しているので即入院。
しかし場所がないらしく、急遽ついたてのある和室(本来マタニティビクスに
使用している部屋)に入れてもらう。
痛みはないものの、気持ち悪い感じが続く。

朝8時、朝食。
ホテルのような洋食プレートをありがたく、もちろん全て頂く。

お昼前、なぜか安静室(本来妊婦の超音波測定に使用している部屋)に
移される。この頃から少しずつ陣痛らしきものを時々感じる(いわゆる前駆陣痛)。

昼12時、昼食。
豚のしょうが焼きや酢の物など「ヘルシーメニュー」とやらを
時々やってくる痛みに耐えながら、それでも全て頂く。
14時頃からは痛みが約10分間隔になり、少し吐き気も感じる。
しょうが焼きを食べ過ぎたか(←そういう問題か?)。

夕方17時頃、LDRの小さい部屋に移される。
この頃だんだん痛みが強くなってきて、時々唸っているんだけど、
モニターで超音波を測ってもグラフの波が緩やか。
「まだまだですねー。子宮口も2センチくらいしか開いてないよ。」
とあっさり言われる。これでまだまだだったら、最後どうなるんだろう…と
ものすごく不安になる。
母が某主人を病院に呼ぶ。
この日は休みで次の日が仕事だったので、産まれる前に一応顔を見せて
おいたほうがよいのではとの母の判断。

18時、夕食。
食欲がなくなり、チキンカツに全く手をつけられない。
「ご本人が食べられなかったら、ご家族の方が召し上がっても構いませんよ。」
と言われたので、某主人が食べることに。
唸る私を気にしつつ「結構うまいな。」と言っていた。
私は母に頼んでプリンとチョコレートを持って来てもらって食べる。

19時頃、激しく嘔吐。
原因がしょうが焼きかどうかは不明。
某主人と母によると、このとき「顔の赤みが全くなかった」らしい。
しかしそれでも陣痛は強くならず、間隔も縮まらず、子宮口も少ししか開かず。

20時頃から、陣痛が測ったように5分間隔で起こる。
痛みの強さも増し、起こるたびに「いたたた」と声を出して唸ってしまい、
そのたびに母と某主人に腰をさすってもらう。
自分でも腰の後ろを強く押してみたりする。
モニターが写し出すグラフは少し山を作るものの、
「うーん。まだ弱いねー。子宮口もまだ3センチくらいだし。」
と言われ、途方にくれる。今こんなんだったら、産む時どれだけつらいの。

22時前、突然大量に破水。
慌ててナースコールを呼ぶが
「さっきまで少しずつしか出てなかったから、残りが出たんやろねー。」
とだけ言われ、何もしてもらえず。え?そんなもんなの?
羊水なくなったらまずいんちゃうの?

そしてその少し後。
突然何かが押し出される感覚が。
「頭が…頭が出てる!」
と思わず叫んでしまい、驚いた母と某主人にナースコールを呼んでもらう。
その状態を見た看護士さんは
「すぐに準備します!移動は無理なので、ここでこのまま分娩しますね!」
と先生を呼び、(移動できないので)分娩台の脚(っていうの?)やらが
ドリフのセット並みの速さで準備される。
私の叫びは、タイミングも内容も正解だった。

先生が「切るよ」と言って私の体の一部にチョンとハサミを入れる。
陣痛の痛みに比べたら、切られるのなんてたいしたことない。
ドラマでよくあるような、助産師さんらの
「はい、いきんでー。」
みたいなやつは全くなく、とにかく息を吐くことだけを心がけ、
それでも勝手に時々いきんでしまい、それが4~5回続いた所で
体が全て出てきた。あの感覚は何物にも例え難い。
10時24分、出産。
診察予想どおり、女の子が産まれました。
カンガルーケアもしてもらいました。3010グラム。思ったより重い。

普通は出産直後はそのままそこで休めるんだけど、
産まれそうな人がいるとのことで、産後数分で移動
することに。さすがに車椅子に乗せてもらえたけど、
ベッドから車椅子まで数歩歩かされる。
25~26日にかけて大潮だったそうで、私の前後はものすごい出産ラッシュ
だったとか。
そういえば私が入院した時も、ついたてを挟んで帝王切開直後の人が
動かされていたしな。それよりはましかも。
[PR]
by emi--channel | 2008-12-31 11:25 | うさぎ母

予定日超過。

一時は早産の危機だったというのにこの有様(笑)。

金曜日のお昼に「おしるし」があり、土曜日の明け方は
体にものすごい違和感を感じ、慌てて病院へ行ったのですが
「まだ産まれないよー。」
との事。トイレでいきむ(生々しい表現で失礼。)のさえびびってたのに(笑)。

土曜日の朝は
「このまま入院になったら(破水の場合は即入院と言われたので)
 暫くすきなもの食べられへんやん」
と思い、コーンスープ飲んだりホットドッグを余計に食べたり。
結局何でもなかった為(おしるしやら澱物の状況から分娩が近づいては
いるらしいけど)、単に体重が増えただけになってしまった…。
しょんぼり。
[PR]
by emi--channel | 2008-12-21 00:49 | よく食べる

予想はずれました。

まだ自宅です。
妊娠39週、全く出産の予兆はありません。

ここ3日くらい、「食べるとお産が近づく」というジンクスのある
焼肉(といっても牛肉をちょっと炒めただけ)・カレー・アイスクリームを
試してみたんですが。
お陰で体重だけが増えてしまいました…。

明日は定期健診の日。
朝から散歩しまくって軽くしとかんと(←ムボー)。
[PR]
by emi--channel | 2008-12-14 23:18 | よく食べる

心当たりなし。

d0052482_2261518.jpg

薬指の関節がとんでもない色になってます。曲げても伸ばしてても痛い痛い。

しかし気持ち悪い事に、こうなってしまった原因がまるで思いだせません。これだけ変色するって事は結構派手にぶつけたり挟んだりしてると思うんだけど。

やれやれ。
[PR]
by emi--channel | 2008-12-10 22:06

散歩始めました。

タイトルどおりです。
妊娠37週め突入、昨日の検診では
「子供の推定体重は2700グラム。まだまだ産まれそうにないけど、
 早く産んでしまったほうがいいから、もっと歩いて下さい。
 動悸がしない程度に、1日1時間くらいは大丈夫。
 一度に歩こうとするとしんどいから、何回かに分けてもいいしね。
 歩くんじゃなくても拭き掃除とか階段のぼるとかでもいいし。」
と、ついに「動け」の指令。

早速昨日の検診後は、おかんの買い物に同行。
そして今日は近所を30分くらい散歩。
途中5分ほど公園で休憩。

寒い中をゆっくり歩いただけなので、体はたいして温もらず。
しかも帰宅してみかん食べてるし。
消費カロリーは差し引きマイナスかも。

ついでに前回予告どおり(?)出産日予想を。
ずばり、12月13日で。
ちなみに希望は16日です。
当たるかな?
[PR]
by emi--channel | 2008-12-06 15:24 | うさぎ母

働くお母さんうさぎ、右往左往。


by emi--channel
プロフィールを見る
画像一覧